ひとり社内SEと情シスを応援します

社内SEの求人はエージェントに聞け

これまでいた会社の求人はそれぞれ次の場所でゲットしました。

  1. 22歳  SIer  リクナビ(従業員1000人)
  2. 28歳 大企業のシステム子会社(従業員800人) → リクルートエージェント
  3. 30歳 サービス業(従業員1000人) → ハローワーク
  4. 36歳 士業(従業員200人) → リクナビNEXT経由でコンタクトをとってきたエージェント
  5. 38歳 情報サービス会社(従業員200人)  →   リクナビNEXT

中小企業における、社内SEは1~2名ですので募集するのも1名で、とても狭き門です。基本的にはエージェントを介して募集をかけることが多く、ネットで求人を見ることはできないと思います。

求人を出す側としては、採用コストは ハローワーク < リクナビNEXT < エージェント の順に費用がかかるので、エージェントで募集をかけているところは、そんなにひどい会社はないと思います。求人はエージェントに聞いてみないとわからないので、社内SEになるにはエージェントとコンタクトをとるのが近道だと思います。

最近はリクナビNEXTにレジュメを載せておけば、毎日のようにエージェントからお誘いのメールが届きます。何社か会いに行って求人を見るといいでしょう。そして、即決で面接のアポをとって受験という形になります。ほとんど1名しか募集していないので、条件が良ければ悩まず応募するのがいいかと。そもそもマッチしそうな求人しか紹介されないので、いきなり面接から始まるケースが多いと思います。もちろんスキルと経験と面接に耐えうる話術は必要なんですが。

関連記事

カテゴリー