ひとり社内SEと情シスを応援します

LANのループ対策

同じハブにLANケーブルの両端を差し込んだり、複数のハブを介してもループする形にすると、行き場のないパケットがぐるぐる回ってネットワークがダウンします。

試しに自宅でやって見てください。ループさせるとみるみるネットワークが遅くなり、最後に通信できなくなります。

簡単に発生する割に影響が大きいので、対策が必要です。

予防策

  • ハブやスイッチなどのネットワーク機器やLANケーブルは管理者しか触らせない
  • 使っていないLANケーブルはすべて外す
  • ハブの空きポートは勝手に差し込めないようにする
  • 無線LANしか使えないようにする

早期復旧させるための対策

  • ループ検知できるハブやスイッチにする(音が鳴ったり、警告ランプが点灯する機能がある)
  • どこにハブがあるか把握しておく、オフィスの図面と配線があればベスト
  • L2スイッチを用意してVLANを組み複数のネットワークに分ける。ループが発生したら、VLAN単位でネットワークを切り離すことで原因の特定がしやすくなる

関連記事