ひとり社内SEと情シスを応援します

社内SEが担当する業務とは

社内SEになるとやりそうな業務をまとめると以下に分類される。

運用

システムが滞りなく動くよう面倒を見る業務。

自前のサーバでシステムを動かす場合、たくさんの作業が発生します。ディスクが壊れたら交換したり、セキュリティパッチをあてたり、非常時に備えてバックアップをとったり、情報漏えいしないようにセキュリティをかけたり、システムが止まれば復旧作業も必要。夜中に起こされて障害対応することもある。

ひとり社内SEになる場合、間違いなく休日夜間問わず呼び出される可能性があるので、気に留めておく必要があります。面接の際に無いと言われても、いつか必ず呼び出されます。

開発

システムを作る業務。

全く新規のシステムを作ったり、昔からあるシステム(入社する前からあるもの)をメンテナンスしたり機能を増やしていくので「保守」という言い方もする。(誰も作れる人がいないので)開発作業は外部に委託し、進捗管理と指示出しと様々な調整ごとが主な業務。技術的なことはほとんど求められない代わりに交渉や調整など社会人としての基本性能を求められ、そっちの方がむしろ大変だったりする。社内SEになってからはプログラミングすることほとんどなかったが、会社によっては開発しかやらない社内SEもあり「開発嫌い」な人はよく調べた方がいい。どの会社でもある程度の規模になると自前のシステムを作りたくなり、IT担当者である社内SEは必然的に参加することになる。

ヘルプデスク

社内のITのあらゆる問い合わせに答える業務。

社内のあらゆるシステムのことも、現場の業務についても、社内の人間関係についても、あらゆることに詳しくなる必要がある。現場の人と仲良くなり、解決できたときは感謝の言葉をいただけます。その逆であれば当然責められる。

企画

ITを駆使して業務が円滑に進むような社内の仕組みを考える業務。

私の場合はメールシステムをクラウドサービスに切り替えてブラウザから利用できるようにしたり、ネットワーク機器を入れ替えたりしました。1人で社内SEをしていたころは自分の思い通りに機器やサービスを選定できるので楽しくてしょうがない。もちろん費用対効果が無いとお金を出してくれないので上司や経営者を説得し、社内調整するスキルも必要です。定型業務は飽きてしまうので自分は一番これが向いています。

企画を出していくには、技術的なことや製品やサービスの情報など、様々な情報を常に仕入れていることが必要です。

雑務

なんでもありです。

IT関連の予算管理、テレビ会議の準備、機器の調達、複合機の管理、ビジネスフォンの管理などです。

誰でもできるようなことばかりですが、ITのわからない人してみると、機械モノはすべてIT担当が詳しそうだから全部お前がやれ、という感じになります。

こればっかりで1日つぶれることも多々ありますが、しょうもないお願いはうまく断らないと家に帰れません。

関連記事