ひとり社内SEと情シスを応援します

カテゴリー:社内SE

ひとり社内SEは楽かもしれない

ひとり社内SEって業務量は多いけど、実は楽な仕事かもしれない。 その理由としては ①ひとりだから嫌な上司も部下もいない ②ひとりだから口出しされない ③ひとりだから調整ごとが少ない 社内SEが2人いたらどうなるか考えてみる…

詳細を見る

ひとり社内SEのメリット

社内のITを自分の色に染められる ひとり社内SEの一番の醍醐味は会社のITを自分で作り上げることでないだろうか。既存システムがあったとしても、リプレース時には機器やサービス選定について主導権が握れるので、コストが見合えば自分の好きなベ…

詳細を見る

仕事は断らない

セクショナリズムって言葉が嫌い。 1つの会社の中で、みんな仲良く、みんな助け合って仕事がしたいと願っているが、現実は厳しい。 会社の規模によらず、こういうこと言う人っていませんか? ・それは私の仕事じゃない ・それは●●の仕…

詳細を見る

社内SEは2年で転職しろ

最初に入社したSIerで先輩にこんなことを言われたことがある。「3年以上同じ客先やプロジェクトにいるな」と。長くいても楽することを覚えてしまい、結果技術者としてのスキルが伸びないというわけだ。 開発の仕事は客先常駐が多いのだが、ひたす…

詳細を見る

社内SEのひとり引き継ぎ

ある会社に社内SEとして入社したときの話。別会社から事業を譲渡され、IT部門の立ち上げを任されたのだが、いろいろ制限が付きまとう。 引き継ぎ相手が別会社の人 同じ会社でないことから、別会社の人間には引き継ぎできない情報がある。管理者…

詳細を見る

社内SEになったら目指すこと

ひとり社内SEになってしまったら、日々の仕事に忙殺されてしまい、先の事を考える暇なんてあまり無い。 社内SEの仕事のメインは社内のありとあらゆるITの面倒を見ることなんで、それがうまく機能していれば上から文句を言われることは無いだろう…

詳細を見る

遅いパソコンは時間を無駄にする

会社から貸与されるPCがどうしようもなく遅いことがある。 会社としては必要なソフトが入ってればなんでもいいじゃん、と思っているのかもしれないが、遅いと業務が確実に遅延する。 業務で使うPCは速い方がいいってことを説明したい。 …

詳細を見る

カテゴリー